スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軍艦古鷹と幻の古鷹神社

○軍艦古鷹と幻の古鷹神社
要約:1928年 古鷹神社を創建し、軍艦古鷹の守護神とする計画があった。
   :1928年 古鷹神社は創建されず、代りに江田島海軍兵学校に「八方園神社」が創建された可能性がある。
   :2006年 江田島八幡宮境内に古鷹神社が再建される。

 重巡洋艦『古鷹』の艦内神社については、伊勢神宮の冊子『瑞垣』により、1926年に神宮別大麻が奉齋されていることが判明しています。

『瑞垣』(第5号 昭和7年10月)
〇神宮別大麻奉齋艦名
艦名:古鷹 授与年月日:大正十五年四月二十七日 授与当時ノ艦長名:塩澤 幸一

 今回調査により、古鷹山に古鷹神社を創建し、軍艦古鷹の守護神とする計画があったことが分かりました。『神社協会雑誌』には「古鷹山へ神社」とした題で下記の記事が掲載されていました。

『神社協会雑誌』(第27年第4号)
○古鷹山へ神社
江田島海軍兵学校の背後に屏風の如く聳えた標高千百尺の古鷹山は財部、岡田、加藤各提督をはじめ海の勇士五千三百余名がかつては朝な夕なに眺めて幾多の思ひ出を残してゐるが今回校長鳥巣中将発起となり山上に古鷹神社を祭祠することとなつたがすでに山名に因んで新巡洋艦古鷹も完成し列強海軍を脅威させてゐるが同艦でもこの古鷹神社を守護神として艦内に奉祀し武運長久を祈ることにした。

 しかし、町誌や同時期の新聞を調べましたが神社創建の記事を見つけることはできませんでした。また、軍艦古鷹に古鷹神社を祀ったという記事も見つかりませんでした。

 そもそも古鷹山には神社があったのですが、後に山から村に遷ったものの、その場所に海軍兵学校が建設されることになり、江田島八幡神社に遷されることになりました。その後、また別の場所に遷ったものの今度は火事で焼失、再び江田島八幡神社に合祀されることになりました。

 この古鷹神社の件を知っていたのか、海軍兵学校長が古鷹神社を創建しようとしますが建てた可能性は低く、江田島海軍兵学校に「八方園神社」が創建されています。
※八方園神社は終戦時に廃社。
※2006年(平成18年)、旧海軍関係者により江田島八幡神社に古鷹神社が再建される。
  HPでは、120年振りとしているので1886年の海軍兵学校移転に際しての事を指している。

 推測ですが、1928年(昭和3年)の御大典により、古鷹神社の計画を中止し、八方園神社を創建したのではないかと考えています。

-古鷹関係年表-
・古老言伝
古鷹山上に一大笠松があり、その下に、「鷹の宮」、または、「鷹の宮大明神」といはれる神祠が鎮座ましましたとのことである。(江田島精神)

・1624年~1645年(寛永年間)
一小社を建てるに至った。そして、俗に、「雄鷹の宮」または、「古雄鷹」と稱したのである。(江田島精神)
不明
宮は老幼の参拝の便をはかり、江田島村本浦の一部(現在の兵学校内八方園)に移転した(江田島精神)
鷹宮明神は後、下山し現在の八方園に移され(江田島町史)

・1825年(文政8年) ※1825年は『芸藩通史』完成年 『芸藩通史』巻39
江田島村八幡宮、鷹神社並びに江田島本浦にあり、鷹神は里俗いひ伝る所、矢野村と同じ、百合弱の鷹を祭るという。(江田島町史)

・1886年(明治19年)
兵学校移転に際して、一時八幡神社へ(江田島町史)
この地の兵学校用地となるや、一時、村内の八幡神社に移転(江田島精神)

・1889年(明治22年)
小字「山の神」に転じたが、火災のために社祠は鳥有に帰し、再び、八幡神社に併祀せられ今日に及んでゐる。(江田島精神)
中郷山の神に移されたが、その後祭礼の夜火災で社殿が焼失し、再び八幡神社に合祀された。(江田島町史)

・1926年(大正15年)
軍艦古鷹に神宮別大麻奉斎(瑞垣)

・1928年(昭和3年)
○古鷹神社
 古鷹山へ神社 校長鳥巣中将発起となり山上に古鷹神社を祭祠することとなった。(神社協会雑誌 第27年第4号)
○八方園神社
 海軍兵学校であるが、同校には昭和の御大典を記念して昭和三年に創建された八方園神社がある。(旧日本軍をめぐる宗教的事象序説)
 11月7日 第1学年、第2学年、第3学年の生徒が京都東本願寺前に整列して御大札鹵簿を奉迎した。
 11月10日 京都御所に於いて今上陛下御即位の大典が挙行
 11月23日、御大典記念事業として、校内の一角に八方園神社が創建された。

・1945年(昭和20年)
昭和二十年八月太平洋戦争の終戦に伴い進駐軍の手に渡ることを恐れ旧海軍により取り除かれました。(HP:候校入校40周年記念とわ会)

・2006年(平成18年)
江田島八幡宮境内へ120年振りに古鷹神社が再建(HP:候校入校40周年記念とわ会)

                                                                        (終)







スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。