スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニコ超会議号に「また」乗ってみた

2013年4月26日~27日

色々と買い込み集合場所の大阪駅構内の日本旅行前へ
既に5号車友の会の方々が集結

何が始まるんですか…
P1330737(1).jpg P1330730(1).jpg

受付で「団体入場票」と「列車時刻表」等々が入ったご案内袋を受け取る
ウヒョー 5号車
NCM_1056.jpg

ここで日本旅行から10から11番線に変更のお知らせ(突然の番線変更)
twitterで番線について高度な情報戦

11番線で待っていると
向谷さんと野月さん登場!

ホーム
P1330743(1).jpg P1330755(1).jpg
回送とか
P1330769(1).jpg P1330772(1).jpg
ぶれぶれ超会議号
P1330776(1).jpg
時間がないのでささっと乗車
P1330780(1).jpg P1330779(1).jpg

乗車と同時に動き出す5号車友の会
P1330808(1).jpg
P1330789(1).jpg P1330798(1).jpg
P1330811(1).jpg P1330830(1).jpg
P1330839(1).jpg

ちなみに私の座席は…
居酒屋にw 家元さんどもでした
P1330895(1).jpg

色々と プラレールが走りコスプレがあり料理もあったり
この列車どこに行くんだったけ?
P1330796(1).jpg P1330801(1).jpg P1330806(1).jpg P1330807(1).jpg P1330856(1).jpg P1330862(1).jpg P1330865(1).jpg P1330915(1).jpg P1330920(1).jpg

呑んで話して夜は更けて
朝起きると車窓からは雪が…
道理で寒かったわけだ

超会議号は水上駅に停車
撮影タイム!
P1330945(1).jpg
車内もカオスだったけど外から見てもカオスだこれ
P1330946(1).jpg P1330948(1).jpg P1330947(1).jpg
前後
P1330943(1).jpg P1330954(1)_20130501222924.jpg

車窓を楽しみつつ朝御飯
P1330997(1).jpg P1340003(1).jpg

大宮を過ぎると終着駅の上野まであと僅か
途中でニコ生していたF2の鈴川さんにお手振りしたり
P1330985(1).jpg

上野駅からはバスで会場へ
皆さんお疲れなのか静かな車内

超会議入口
P1340548(1).jpg
鉄道ブース
PICT0033.jpg

皆さんお疲れ様でした。
スポンサーサイト

その食器は何処から?

今回、宇宙クラスタでお世話になっているまことさんの「食器」の謎を解くべく交通科学博物館に行って来ました

まこまるブログ:その食器は言い伝えによると戦前の国鉄食堂車で使用されていたという。
その1 その2 その3 その4 その5

結果ですが……
残念ながら「詳細不明」でした

以下、メモ
◯戦時中であれば窯は国の管轄下であったので管理の為の印(文字1+数字1)があるが
 この食器には無いので戦前か戦後のものではないか
◯応接や記念品としてつくられた可能性もある
◯食堂車で使用されている食器について
 ・業者の品であれば会社名がはいっている
 ・ヘッドマークや図柄等は小さく描かれていることが多い
 ・洋食器が多い
 ・このように多く図柄が描かれたものは見たことがない
 ・駅の食堂で使われていたとしてもこのように図柄が多いものはないのでは
◯食器について
 ・湯のみ+茶托の組み合わせで使われていた?しかし、大きい食器と小さい食器の説明がつかない
  →ケーキ皿として使っていた?
 ・使われなくなった食器を持ち帰った例はあるが、大体は1セット揃いで持ち帰る事が多い
 ・食器の柄、桜と菊(?)なので年中使える
◯食堂車ではなくて展望車で使われていた可能性も
◯名陶(現:鳴海製陶株式会社)に鉄道省(鉄道庁)、名古屋鉄道管理局等との取引の記録が残っていれば
 手掛かりになるかもしれない
 →食器の裏の「名陶」マークから製造時期がわかるかもしれない


急な用件ながら対応して頂いた交通科学博物館の職員の方々ありがとうございました
新たな情報が入りましたらご報告致します
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。